不妊は夫婦共通の問題と認識しておけば乗り越えられるでしょう

妊娠検査薬

不妊治療の治療費はいくらくらいかかるのか

治療にかかる費用は期間や方法によって様々ですが、タイミング法で月5000~10000円、人工授精は1回あたり15000~40000円、体外授精は1回あたり300000~400000円、その他に漢方や鍼灸、栄養方法など保険適用のない治療も多くあります。妊娠までの期間を平均の25ヶ月とすると治療費の平均は140万円を越えてしまい、それが負担となって治療を諦めてしまう方も多いのは非常に頷けます。
ですが、治療内容や年齢によって国だけでなく自治体独自の助成金体制を設けている市区町村も多く見られ、よく調べて大いに活用すべきではないでしょうか。また所得によりますが医療費控除も受けられるので、区市役所に問い合わせて確認してみるといいですね。
ただし、残念なことに不妊治療のほとんどが高額医療費の対象にはなりませんので、特定不妊治療の助成制度を活用していくしか、今はないでしょう。不妊に効果があると聞けば、治療以外にもたくさんの費用をかけてしまうのは当然の心理ではないでしょうか。費用と時間がどれくらいになるか予想できない不妊治療は、予算計画をしっかり立ててストレスと不安を軽減することが妊娠への第一歩につながると思います。

new posts

2016/08/08

男性の不妊検査について

結婚して自然に暮らしている夫婦が2年間妊娠に至らない場合、不妊状態だと言われています。妊娠に至るまでには、様々なプロセスがあり、その過程のどこかが少し問題でも、妊娠に至りません。昔は3年子無きは・・などと言って、不妊の原因は女性側だけにあるといった非生物学的な考え方もあったようですが、現在は検査を行い、原因を探します。男性の不妊検査を1例に挙げましょう。男性の精子を顕微鏡で見…

2016/08/08

不妊治療の治療費はいくらくらいかかるのか

治療にかかる費用は期間や方法によって様々ですが、タイミング法で月5000~10000円、人工授精は1回あたり15000~40000円、体外授精は1回あたり300000~400000円、その他に漢方や鍼灸、栄養方法など保険適用のない治療も多くあります。妊娠までの期間を平均の25ヶ月とすると治療費の平均は140万円を越えてしまい、それが負担となって治療を諦めてしまう方も多いのは非常に頷けます。…

2016/08/08

不妊の治療は両方の自覚が必要

不妊治療と言うのは流れが意外とはっきりとしています。一つは、診断、問診をすることによってどのような状況になっているのか、というを判断します。更に細かく精密な検査をすることになります。そして、いざ、妊娠をする為に重要な治療の方針を決めるわけです。お金がかかることではありますが、実は保険適用されることがありますから、まずはそれから、というのを決めると良いでしょう。何故かといいますと費用的…

2016/08/08

不妊治療の良いところとしては

不妊治療ができるようになってから、子供ができにくい人でも十分に希望が持てるようになったのです。色々と方法がありますから、それをよく知っておくと良いでしょう。例えば、一般不妊治療というのがありますが、これはタイミング法或いはホルモン療法、人工授精などを指します。保険適用ができることが多く、まずはこれらのことから考えた方が良いことが多いです。もう一つの区分としては、高度生殖医療というのが…